通販で販売されている爪水虫の塗り薬でおすすめのものをランキング形式でまとめました!

爪水虫の塗り薬【おすすめ】通販ランキング!!

未分類

爪水虫飲み薬

投稿日:

爪水虫の飲み薬 病院での処方は?

爪水虫になって病院で受診すると
抗真菌剤と呼ばれる飲み薬が処方されます。

一般的に爪水虫の飲み薬には、

①ラミシール(有効成分:テルビナフィン塩酸塩)
②イトリゾール(有効成分:イトラコナゾール)
が処方されます。

爪水虫の治療薬の値段は?

※病院で診察を受けた場合の爪水虫治療薬の値段や費用は、
各機関により異なります。当サイトでご紹介するのはあくまで参考値です!

ラミシール・イトリゾールを使用した場合の値段

爪水虫を飲み薬で治療しようとした場合にかかかる費用は、
診察料・薬代・血液検査料・顕微鏡検査代です。

飲み薬の場合には、薬の値段は比較的安く済み、1ヶ月約1万5千円程度です。

塗り薬(クレナフィン)と併用すると、薬の値段は上がります。

爪水虫薬 飲み薬の通販(個人輸入)

爪水虫の飲み薬は副作用が強いので、国内では基本的には病院で入手するしかありませんが、
個人利用に限って海外からの個人輸入が認められています。

ただし、自己責任となリますのでご注意下さい!

爪水虫薬ラミシール


①ラミシール(有効成分:テルビナフィン塩酸塩)
ラミシールの特徴
副作用が起こる危険性は高いと言われており、病院で処方される場合には血液検査が必要とされています。
1日1回食後に服用し、使用期間は3~6ヶ月です。

爪水虫薬 イトリゾール

②イトリゾール(有効成分:イトラコナゾール)
イトリゾールの特徴
副作用が起きる確率は、ラミシールより低いと言われていますが、他の飲み薬との併用により重大な副作用が起きる可能性が高くなると言われています。
飲み方に特徴があり、1週間飲んで3週間休薬するというサイクルを3回繰り返すパルス療法が用いられます。

爪水虫の治療薬 副作用は?

爪水虫の治療薬で副作用が多いのは飲み薬です。
病院で処方される飲み薬の副作用についてまとめました!

爪水虫飲み薬の肝臓への負担・血液障害

ラミシール副作用

血液障害、肝機能障害
2週間の服用では副作用は少ないと言われています。
服用を開始してから約2週間後に血液検査が実施されます。

イトリゾール副作用

ラミシールと比較した時には副作用が起こる確率は少ないと言われていますが、他の薬との併用時には逆に肝機能障害、血液障害が起きる可能性が高くなるので注意が必要です。

爪水虫の飲み薬 妊娠中・授乳中は?

爪水虫の治療法として効果が高いと言われている方法は飲み薬を飲む方法ですが、
妊娠中や授乳中に限らず、妊娠予定のあるお母さん、お父さんは使わないほうが良いでしょう!

あくまでも動物実験のデータですが染色体異常や奇形が報告されています。

どうしても飲み薬を使用したいという場合には、爪水虫の飲み薬(ラミシール・イトリゾール)の体内残留期間は約6ヶ月と言われています。
この期間を避けて使用するようにしましょう!

どちらにしても妊娠中、授乳中に関わりなく使えるのは塗り薬です。

⇒爪水虫 塗り薬おすすめランキング

-未分類

Copyright© 爪水虫の塗り薬【おすすめ】通販ランキング!! , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.